メインイメージ画像

インターネットを活用したバイト探し

インターネットの普及に伴い、最近は新聞の求人欄や求人雑誌に代わって、ネット上での求職ページ増えてきています。そういったものを活用することで、従来より易しくバイトを見つけることができるようになりました。自身がやってみたい業種や、地区などを入力するだけで、条件にマッチしているバイトが検索できます。サイトによってはバイト先のホームページなどを閲覧できるものなども存在しますので、探す手間が省けるという点も良いですね。そういったサイトに情報を登録することで、条件にマッチしたバイトが掲載された際に、E−mailなどで通知する業務を行っている所もあるので、利用してみるのも良いですね。

バイト先はサークルの場ではありません。勤務場所ですので、喋り方を留意しましょう。最低限度の尊敬語を使うのは常識です。先輩には徹底しましょう。また、接客サービスが仕事の方は、お客様に対しての言葉使いも大切になります。

客人は友人ではないので、当然尊敬語を用いることとなるでしょう。使う敬語はバイト尊敬語を使用しないように留意しましょう。例えば、「よろしかったでしょうか」を正しく言うと「よろしいでしょうか」、「お弁当の方を」は、正しくは「お弁当を」です。正しい敬語を留意してバイトをやって下さい。

バイトを始めるときにとりあえず考えるのは、勤務地はどこにするか、ではないですか?企業の募集チラシには毎月何円を上限として通勤費を持ちますということが記載されているはずなので、その通勤費内のエリアで見つけることにしましょう。自己負担で交通費を払うようなことは、よほどの仕事でなければ、すすめられません。自分の将来の目標に重要なものや、電車賃分の時給が低くなってもするべき業務内容であれば話は別です。募集チラシで、交通費がいくらまで支給されるのかチェックすることが大事です。